NMNとは究極の若返り成分とは

NMNとは長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子を活性化させる作用を持つ成分で、
究極の若返り成分であると言えるでしょう。

老化を加速させる活性酸素を取り除いたり細胞の修復をしたり代謝を活発にさせたりなど、
年齢を重ねて様々な機能が衰えた体を健やかに蘇らせることが出来ます。

NMN点滴製剤を点滴でチャージ

NMNとは若返り成分のことで、NMN点滴製剤を点滴でチャージするというのが一般的な治療方法です。画期的で先進的で革新的な治療メニューとして注目を集めており、受けられるクリニックも急増中です。

ヒアルロン酸やスレッドリフトやプラセンタ注射やボトックス注射やハイフやエレクトロポレーションなど、若返り治療には様々なものがありますが、NMNを用いた治療は細胞レベルでの若返りが叶うというのが最大の特徴です。

老化現象が気になる部分に対してアプローチする対処法が一般的ですが、細胞から若返ることが出来れば悩みごとの対処が不要になります。不調や悩みをまとめて解消させることが出来ますので、効率的かつ経済的です。

加齢によって生じる美容の悩みや健康不安を一気にまとめて撃退したい方、根本からのエイジングケアで若さを手に入れたい方に最適です。

NMN点滴で細胞から若返る

NMN点滴の強みは、NMNを血液に直接チャージできる点です。内服薬やサプリメントでの栄養チャージは、100%体に作用させるのは不可能です。

NMN点滴なら血管からダイレクトに確実にアプローチすることが可能であるため、無駄にならないという安心感が魅力的です。NMNはサーチュイン遺伝子を活発にさせる効果効能がありますが、サーチュイン遺伝子は若返り遺伝子とも呼ばれています。つまり、強力なアンチエイジング効果が期待できるということです。

アンチエイジング効果が期待

血糖値や骨密度や中性脂肪値やLDLコレステロール値が悪くなる一方で人間ドックや定期検診を受けるのが怖い、たるみ毛穴や老人性色素斑や表情じわなどのエイジングサインの存在感が増してメイクでは隠しきれない、集中力が続かず注意散漫になり判断力も決断力も鈍って仕事に影響する、代謝が落ちてどんどん太っていきスタイルが崩れるなど、老化にまつわる悩みがあり将来を悲観している方は多いのではないでしょうか。

NMN点滴はそんな方の悩みに寄り添い、活力や勇気や元気や健やかさや若々しさを与えてくれるはずです。老化現象が完全に出てしまってから受けるよりも、出始めた直後の早い段階で受けるのが効果的です。

高濃度ビタミンC点滴をはじめとする点滴療法研究会が設ける認定医制度について

高濃度ビタミンC点滴の認定医制度

ビタミン注射

ビタミンCは健康や美容に良い成分で知られているビタミンですが、高濃度のビタミンCを直接点滴で体に注入することによって、がん治療の代替治療として役立つためアメリカなどで研究されています。
病気以外にも美肌・美白にも効果があるため、美容にも効果を発揮します。

ビタミンCはサプリメントを使って体内に取り入れることもできますが、水溶性のため余剰分は尿に含まれて排出されます。
点滴をすることによって直接体内に投与することにつながり経口摂取に比べて効率良く血管内に行き渡らせることができ、高濃度ビタミンC点滴なら短時間に全身に行き渡らせることができます。細胞の活性化によるアンチエイジング効果、がんへの治療効果などが得られるのです。

そんな高濃度ビタミンC点滴を使って、治療してもらうなら点滴療法研究会の資格保有者である医師に治療してもらうことが良いとされています。
この研究会では点滴療法を学び、正しい治療方法を提供できる会員医師を明確にするための認定医制度を設けていて、点滴療法に関するセミナーや個別指導などを受講した上で、試験を行なって合格した人のみが認定医として活躍できるというシステムです。

高濃度ビタミンC点滴での安全な治療

看護婦さん

点滴療法研究会の認定医になることによって、高濃度ビタミンC点滴の安全に治療することができるようになります。
高濃度ビタミンC点滴を使って安全に治療できる理由としては、点滴療法に関する情報を積極的に配信しているということが挙げられます。
高濃度ビタミンC点滴だけではなく、すべての点滴療法の基礎となる知識を学ぶことのできるベーシックセミナーや、特別セミナーなどの最先端の情報などを知ることが可能です。

基本実技講習会なども行なっていて、学ぶ機会が多いためその分安全な治療に繋げられます。
様々な種類の治療法を学べる動画も用意されているため、直接セミナーなどには行けないという人でも安心して利用できます。
高濃度ビタミンC点滴は、コラーゲンの生成の促進、メラニン生成の抑制、抗酸化作用効果や疲労の回復を早めるなど様々なメリットのある治療方法です。
しかし、体カルシウム血症や低血糖、あるいはビタミンCそのものに対してのアレルギーなど副作用などがないわけではないため、医師が注意して治療することが求められます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、信頼の一つの目安となる認定医になるということは大切です。”

プラセンタ注射を実施すると献血はできない?

プラセンタ注射

プラセンタ注射を実施すると献血はできません。
これは日本赤十字社が平成19年に決めた規則で、この頃にはヨーロッパを中心に狂牛病が流行していて、牛の胎盤を加工したプラセンタは感染の危険かあると判断したからです。

この年にはプラセンタ注射だけでなく、イギリスやフランスなどのヨーロッパに半年以上滞在した渡航歴のある人や、耳にピアスの穴を開けた人も禁止されています。

プラセンタ注射の場合は注射を実施してその後安全性が確認してされるまでは禁止とされていて、明確な期間は定められていません。

当分の間は献血を禁止する、実施後にある程度の期間が経過して体になんらかの症状が現れなければ実施できるとされています。

ではどうやってプラセンタ注射を実施したのかを知るには、訪れた人がプラセンタ注射を行ったという自己申告をした場合で、その人が何も言わなければ施工されます。

受けに行った時には、プラセンタ注射を行った事、その後どのくらい経過しているかや体に症状があるかなどを伝えることが大切で、施工できるかどうかは担当の方の判断によります。

最初の問診などでも記入する箇所がありますが、あらかじめ伝える必要があります。

感染症のおそれがあるプラセンタ注射は危険?

このように記すとプラセンタ注射は感染症の危険性がある、やらない方がいい?と感じる方も多くいると思いますが、実際はその心配はありません。なぜならこの禁止措置は自己申告によるもので、本当に危険が高いものであればもっと厳しい措置を行うはずだからです。

本人が伝えたいとわからないだけの措置なので、実際はおそらく危険性はない、可能性としてはありえないと判断していて、念のための措置だと言えます。

また現在までに日本で狂牛病が発生した事例はなく、日本では狂牛病の感染の恐れのある地域の牛は取り扱わないようになっていて、他にも輸血などでもプラセンタ注射はできたいことになっていますが、これも親族などが事故に遭った時などの命の危険が間近に迫っていて、緊急に輸血が必要な場合は注射を実施していても輸血は可能とされています。

プラセンタは更年期障害やうつ病の改善などに有効な治療法として保険適用もできるもので、一般的に安全で有効な治療方法として確立されています。

他の人に血液を与えることが禁止されているからと言ってためらう必要はなく、いずれはこの規則も軽減されると予想されています。

実施を希望される方は以上の点も確認しておくとより安心でしょう。

安心して施術を受ける

プランセンタ点滴でアトピー性皮膚炎を改善

アトピー性皮膚炎の症状にお悩みの方で、皮膚科の治療やスキンケアに満足のいく結果が得られない方にお勧めなのが、プランセンタ点滴です。
プランセンタとは胎盤の事で、お腹の中で赤ちゃんが成長する為に必要な栄養素が含まれています。
この胎盤から抽出した成分を体内に注入できるのが、プランセンタ点滴です。

プランセンタは人の体内で様々な作用があり、体調不良やアレルギー性疾患、婦人科系の病気やリウマチなどに効果が期待できます。
アレルギーや免疫疾患にはまだ解明されていない点が多く、病院で処方される薬だけでは症状が改善されないケースも多く見られますが、プランセンタ点滴や注射をすることで症状が改善される症例もあり、つらい症状の緩和に役立つとして評価されています。

プランセンタは、病気の治療の他、若返りにも効果が期待できるとされ、美容皮膚科では美肌作りの味方として注目されています。
プランセンタを点滴すると、肌にはりがうまれたり、艶がでてくるといった効果を感じている女性は多く、リピーターも続出しています。

サプリメントタイプのプラセンタもありますが、口から摂取するよりも点滴を利用したほうが効率よく体内に行きわたるため、効果を感じやすいといわれています。
プランセンタの点滴や注射を受けることで、自律神経や免疫機能が正常化されることが、アトピー性皮膚炎の改善に役立つという考えから、アトピー治療を得意とする皮膚科でも、積極的に利用されています。

更年期障害に悩み始めたらプランセンタ点滴を

近年では、更年期障害の治療のひとつとして
プランセンタを使った治療が注目されています。

更年期

更年期障害とは、加齢に伴い卵巣機能が低下することで
女性ホルモンが減ることでホルモンバランスが乱れて、
自律神経や体調不良、精神的な症状が現れる
障害のことをいいます。

症状の重さは個人によって異なりますが、重い場合には
うつ病なども併発してしまうこともあるため注意が必要です。

一般的な治療法としては、ホルモン治療が行われます。

不足したホルモンを外側から補うことで改善を促します。
効果が高いですが、副作用によるリスクもあり、
他の病気を持っている場合にはできない場合もあります。

プランセンタ点滴はこのような副作用がなく、
安全性が高いという特徴があります。

安全性が高い

特に辛いイライラやめまい、頭痛などの症状に対しては
プランセンタ点滴がオススメです。

美容目的であれば保険適用されることはありませんが、
クリニックで更年期障害と診断されればプランセンタ点滴でも
保険を適用することができます。

点滴として使われるのは、「メルスモン」というヒト由来の
プランセンタが一般的です。

大きな副作用が出たという報告はないため
安全性の高い薬と言えます。

しかし、この治療を行うと献血ができなくなるなどの
注意点もあるため、事前にしっかり医師と相談してから
行うことが大切です。

また、毎日続けたいという場合には点滴ではなく、
サプリメントで取り入れていくこともオススメです。

プランセンタ点滴で自律神経が整うメカニズム

プランセンタは美容成分として注目を浴びていますが、
もともとは医療の現場で使用されていました。

医療として

プランセンタは哺乳類の胎盤から抽出される
エキスのことで、この胎盤で受精卵が胎児へ
成長することからもわかるように、成長に必要な
あらゆる栄養素が豊富に詰まっているものです。

その栄養素とは必須アミノ酸やタンパク質、糖質をはじめ、
ビタミンやミネラル、核酸、酵素などです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は主に昼間、緊張感やストレスを感じている
ときなどにはたらいています。

副交感神経は主に夜間、睡眠時や安静時、食事中など
リラックスしているときにはたらいています。

この2つの神経のバランスは、生活リズムの乱れや
過度のストレス、環境の変化、女性ホルモンの乱れなどで
崩れることがあります。

すると自律神経が正常に働かなくなり、慢性的な疲労や
不眠、めまいや動機、頭痛や耳鳴り、便秘や下痢などの
体のトラブルに加えて、イライラやうつ症状などの
精神面の不調も引き起こします。

そのようなときは、ビタミン剤やホルモン剤、
抗うつ剤などを使用することもありますが、
薬やサプリメントを口から摂取することに比べて、
プランセンタ点滴は直接血液中に栄養素を
注入できるので、即効性が期待できます。

栄養素

一般的に点滴とは静脈注射を指すもので、有効成分を
血液中に取り入れることで、体全体に素早く
行きわたるので即効性は確かなのです。

吸収力についても点滴の方が注射に比べて
5~10倍高いといわれています。

プランセンタ点滴をすると必須アミノ酸、ビタミン、
糖質が体内の内分泌に作用し、正常なホルモン分泌を
促すことによって自律神経のはたらきを
正常にする効果があります。

プランセンタ点滴でホルモンバランスが整う

プランセンタ点滴で、ホルモンバランスが
整うのをご存知でしょうか。

ホルモンバランスは、ストレスや季節の変わり目、
加齢や病気など様々なことが原因で崩れることが
わかっており、婦人科でホルモンのバランスを
整える治療を受けることができます。

バランスを整える

ホルモンのバランスを整えるには、女性ホルモン剤や
漢方薬などが有名ですが、プランセンタでも
ホルモンバランスを整えられるケースがあります。

プランセンタは、動物が赤ちゃんを育てる為の
臓器として使われる胎盤成分が配合されており、
それを点滴で摂取することで効率よく体内の
自律神経を整えることができることがわかっています。

プランセンタは、サプリメントや注射、点滴などで
摂取することができますが、サプリメントの場合血液に
直接送り込むわけではなく、消化されてしまうので
あまり効率は良くないとされています。

点滴や注射の場合、成分を直接血液に送り込むことが
できるので、自律神経のバランスを整えるための
様々な栄養がくまなく体内にいきわたり、ホルモンの
バランスが良くなることが期待できます。

ネットの口コミ

実際にプラセンタの点滴や注射の施術を行って
体調が良くなったケースは多く認められ、肌トラブルが
なくなったり生理が順調になる、肩こりが楽になるといった
様々な口コミがインターネット上にも寄せられています。

プラセンタは身体の不調の様々な部分に作用することが
期待されており、リウマチや肝臓疾患、更年期障害にも
効果があるといわれています。