プランセンタ点滴にリスクはある?

プランセンタは、自律神経や免疫力を正常化させる
働きがあるとして、様々な症状の治療に使われています。

プランセンタは点滴や注射、サプリメントとして
投与することができますが、プランセンタの効果を
最大限に実感したい場合は点滴がおすすめです。

サプリメントの場合消化しているうちに効果が
薄れてしまうというデメリットがあり、注射は比較的
効果が出やすいですが、点滴の場合他のビタミン剤などと
同時に投与できる特徴があります。

例えば、プランセンタと同時に点滴する成分として
人気なのが、ニンニク成分やビタミンCといった
疲労回復や美肌効果のある成分です。

これらは単独で注射する場合何回も注射しなくては
なりませんが、点滴の場合一度に体内に
取り込むことができるのがメリットと言えます。

プラセンタを点滴するリスクについてですが、
人の胎盤から抽出した成分ですので、感染症の
心配があるという声を耳にすることがあります。

現在のところプランセンタを使用したことによる
事故は報告されておらず、感染症に関しては
エイズや肝炎などに感染しないよう処理が
行われていますので、安心して治療することができます。

万一のことを考えてプランセンタを点滴した方は
献血や輸血ができないことになっていますが、
もともと身内間での輸血はあまりメジャーでは
ありませんし、リスクがあるから禁止なのでは無くて、
万一のことを考えての事で、それよりもメリットの勝る
プランセンタ点滴は、美容や治療目的で多くの方に
利用されています。

病気を防ぐ