NMNとは究極の若返り成分とは

NMNとは長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子を活性化させる作用を持つ成分で、
究極の若返り成分であると言えるでしょう。

老化を加速させる活性酸素を取り除いたり細胞の修復をしたり代謝を活発にさせたりなど、
年齢を重ねて様々な機能が衰えた体を健やかに蘇らせることが出来ます。

NMN点滴製剤を点滴でチャージ

NMNとは若返り成分のことで、NMN点滴製剤を点滴でチャージするというのが一般的な治療方法です。画期的で先進的で革新的な治療メニューとして注目を集めており、受けられるクリニックも急増中です。

ヒアルロン酸やスレッドリフトやプラセンタ注射やボトックス注射やハイフやエレクトロポレーションなど、若返り治療には様々なものがありますが、NMNを用いた治療は細胞レベルでの若返りが叶うというのが最大の特徴です。

老化現象が気になる部分に対してアプローチする対処法が一般的ですが、細胞から若返ることが出来れば悩みごとの対処が不要になります。不調や悩みをまとめて解消させることが出来ますので、効率的かつ経済的です。

加齢によって生じる美容の悩みや健康不安を一気にまとめて撃退したい方、根本からのエイジングケアで若さを手に入れたい方に最適です。

NMN点滴で細胞から若返る

NMN点滴の強みは、NMNを血液に直接チャージできる点です。内服薬やサプリメントでの栄養チャージは、100%体に作用させるのは不可能です。

NMN点滴なら血管からダイレクトに確実にアプローチすることが可能であるため、無駄にならないという安心感が魅力的です。NMNはサーチュイン遺伝子を活発にさせる効果効能がありますが、サーチュイン遺伝子は若返り遺伝子とも呼ばれています。つまり、強力なアンチエイジング効果が期待できるということです。

アンチエイジング効果が期待

血糖値や骨密度や中性脂肪値やLDLコレステロール値が悪くなる一方で人間ドックや定期検診を受けるのが怖い、たるみ毛穴や老人性色素斑や表情じわなどのエイジングサインの存在感が増してメイクでは隠しきれない、集中力が続かず注意散漫になり判断力も決断力も鈍って仕事に影響する、代謝が落ちてどんどん太っていきスタイルが崩れるなど、老化にまつわる悩みがあり将来を悲観している方は多いのではないでしょうか。

NMN点滴はそんな方の悩みに寄り添い、活力や勇気や元気や健やかさや若々しさを与えてくれるはずです。老化現象が完全に出てしまってから受けるよりも、出始めた直後の早い段階で受けるのが効果的です。

プラセンタ注射を実施すると献血はできない?

プラセンタ注射

プラセンタ注射を実施すると献血はできません。
これは日本赤十字社が平成19年に決めた規則で、この頃にはヨーロッパを中心に狂牛病が流行していて、牛の胎盤を加工したプラセンタは感染の危険かあると判断したからです。

この年にはプラセンタ注射だけでなく、イギリスやフランスなどのヨーロッパに半年以上滞在した渡航歴のある人や、耳にピアスの穴を開けた人も禁止されています。

プラセンタ注射の場合は注射を実施してその後安全性が確認してされるまでは禁止とされていて、明確な期間は定められていません。

当分の間は献血を禁止する、実施後にある程度の期間が経過して体になんらかの症状が現れなければ実施できるとされています。

ではどうやってプラセンタ注射を実施したのかを知るには、訪れた人がプラセンタ注射を行ったという自己申告をした場合で、その人が何も言わなければ施工されます。

受けに行った時には、プラセンタ注射を行った事、その後どのくらい経過しているかや体に症状があるかなどを伝えることが大切で、施工できるかどうかは担当の方の判断によります。

最初の問診などでも記入する箇所がありますが、あらかじめ伝える必要があります。

感染症のおそれがあるプラセンタ注射は危険?

このように記すとプラセンタ注射は感染症の危険性がある、やらない方がいい?と感じる方も多くいると思いますが、実際はその心配はありません。なぜならこの禁止措置は自己申告によるもので、本当に危険が高いものであればもっと厳しい措置を行うはずだからです。

本人が伝えたいとわからないだけの措置なので、実際はおそらく危険性はない、可能性としてはありえないと判断していて、念のための措置だと言えます。

また現在までに日本で狂牛病が発生した事例はなく、日本では狂牛病の感染の恐れのある地域の牛は取り扱わないようになっていて、他にも輸血などでもプラセンタ注射はできたいことになっていますが、これも親族などが事故に遭った時などの命の危険が間近に迫っていて、緊急に輸血が必要な場合は注射を実施していても輸血は可能とされています。

プラセンタは更年期障害やうつ病の改善などに有効な治療法として保険適用もできるもので、一般的に安全で有効な治療方法として確立されています。

他の人に血液を与えることが禁止されているからと言ってためらう必要はなく、いずれはこの規則も軽減されると予想されています。

実施を希望される方は以上の点も確認しておくとより安心でしょう。

安心して施術を受ける