疲れがたまっていたら・・・

人間はどれだけ体調に気を付けて体調管理をしていても、どれだけたくさん栄養が豊富な食生活を心がけたとしても体調を壊すことがあります。

特に季節の変わり目は日ごろから筋肉を鍛えたり、運動している人でも免疫力や抵抗力が低下してしまい、体調を崩してしまうことがあるんです。季節の変わり目は寒暖差が激しく体がそれについて育児ことができません。

夏の疲れも相まって免疫力がおちているので、ウイルスや細菌感染しやすくなる人もいます。
風邪やインフルエンザにコロナなどの科感染してしまう人もいるんです。季節の変わり目はアレルギーにもなりやすく、それが悪化して咳喘息になってしまう人もいます。このような免疫が落ち体調をこわすまえには、ビタミン注射やニンニク注射をしておくのが有効なのです。また風邪かなと思った時にビタミン注射を打っておくのも非常に良いです。

これは細胞のミトコンドリアにあるTCA回路に、ビタミンCとビタミンBを補填することになりエネルギー代謝を促進するようになってくれます。エネルギーを量産するにはビタミンBは不可欠なので、ビタミン注射をすることで元気が回復することが非常に期待できるようになるわけなのです。

体調管理は必要

 

エネルギー生産効率が高まるビタミン注射

前述したように、ビタミン注射は体調を崩す前や体調尾を崩してから打つのもどちらもメリットがあるのです。それはミトコンドリアの、TCA回路にビタミンBを補填することになるのでエネルギー効率がアップするのは言うまでもありません。

免疫力低下

風邪を引いたり、インフルエンザにかかったりすると胃腸を弱めてしまいます。すると豚肉や玄米、そのほかの食材からビタミンBをうまく吸収することができなくなるので、エネルギー効率も落ちることになります。注射することでダイレクトにビタミンBがミトコンドリアに働きかけるので、エネルギー効率もアップするんです。

ビタミン注射はほかにもビタミンCを大量に含んでいます。このほかビタミンCは白血球の働きを良くするので、侵入してきたウイルスや細菌をやっつけようと必死で戦い体を防衛してくます。そのため注射すれば風邪やインフルエンザの治りがはやくなることが非常に期待できるようにもなります。

こうした注射は、内科クリニックなどで打つことができるようになってるんです。ところが健康保険適応外の自費治療になることも多く、クリニックに料金の確認してから打つか否かを決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)